珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

価値観の違いは受け入れる?合わない場合の対処法とは。みんな違って当たり前。

ある日

 

「なぜそこに、この絵を飾るのか」

 

と聞く人がいる。

 

恐らくあまり好みではなかったのだろう。

 

すると画家谷川先生はこう思う。

 

「見たくなければ反対を向いて座ればいい。」

 

と。

 

確かに。

 

深い。

 

 

www.bizucafe.com

 

それを見ていいと思う人もいれば

目障りだと思う人もいる。

感じ方は人それぞれだ。

 

これは何にでも言えることだが

価値観の違いということだろう。

 

そこで今回は

価値観について考えてみた。

 

目次

 

 

価値観

価値観とは

何に対して価値を認めるかといった考え方。

物事の捉え方、優先順位、何を大切に思うか。

価値は善悪、好ましい好ましくないといった価値。

それをどう評価するか、根底となる見方。

 

お金

やはり生活していく上で

一番身近で価値観の違いが大きく見られること。

 

同じ物を得ようとする時

それを高いと思うか安いと思うか。

それは、そのものに対する価値

その人がどう感じるかによって

大きく変わる。

 

自分にとって価値のある物なら

安いだろうし

全く興味のないものなら

高いと感じるだろう。

 

食べ物

食へのこだわりの強さで

価値観は大きく変わる。

 

何でもお腹が膨れればいい

という考えなら

食にお金をかけることに

価値を見出さない。

 

そういう人は

高級レストランで

素敵な雰囲気の中

コース料理を楽しむ

なんてことにお金をかけないだろう。

 

逆に、食へのこだわりが強い人は

少し高くても体にいいもの

美味しいものを食べたい。

 

お金や時間をかけても

食べに行くことに

価値を見出し、

そこに満足感を得るだろう。

 

生き方

生き方も人それぞれで

結婚して子供を作り

家族を形成することに価値を見出す人。

 

1人で生きていくことに

価値を見出す人。

 

何に重きを置くか

生き方は大きく変わる。

それも価値観の違い。

 

芸術

これも価値観の違いが顕著に表れる。

 

ある人は

これをただの落書きだと思う。

 

ある人は

同じものに何億円もの価値を見出す。

 

芸術作品は個性であって

それをどうとらえるかは自由。

 

それぞれの価値観に委ねられる。

 

価値観の違い

価値観が違うのは当たり前。

考え方も見方も捉え方も生きてきた環境も

人それぞれなのだから

同じであるはずがない。

 

そこで大切なことは

 

価値観を否定しない。

価値観を押し付けない。

価値観を無理して合わせない。

 

ことであろう。

 

否定しない

価値観に答えはない。

だから否定することも出来ない。

どちらが正しいということはないのだから。

 

押し付けない

自分の価値観を押し付けられると

同じ価値観でない限り

違和感を感じ、それがストレスになる。

 

相手に不快感を与えたり

無理させたりしてしまい

結果、関係がこじれることも。

 

無理しない

相手に嫌われたくない

気に入られたいと無理して合わせても

やっぱりそれは窮屈なこと。

 

お互いを理解しようと歩み寄ることは大切だが

根本的な価値観の違いは

なかなか変えることはできない。

 

だから無理して合わせない。

 

見なければいい

ここで冒頭に書いた

「見なければいい」

ということに繋がる。

 

もちろん、相手を理解しようと

受け入れる姿勢も大切。

 

お互いの考えを認め合い

尊重し合うことも大切。

 

相手の気持ちを聞き

違う視点を知ることも

世界を広げる為にも大切。

 

そしてお互いが無理しない

干渉しない、そっとしておく

つまり見ないこと

それも大切な一つの方法。

 

SNS

最近はSNSなどによる

心無い誹謗中傷などで

心を痛めることも多い。

 

これも気にしだせばキリがない。

蓋をしても溢れてくるような状態。

防ぎようがない。

 

価値観の違いから

批判的な言葉が飛び交うこともある。

 

気にはなるが

見なければ、傷つくことも

それ以上見たくなることもない。

 

これに関しても

見ないことは

ある意味最善の方法かもしれない。

 

おわりに

この世の中

職場、家庭、生活の中で

様々な価値観は

避けては通れない存在。

 

今回、

「見なければいい」

という言葉で

ほんの少し心が軽くなった。

 

全部受け止めよう

できるだけ受け入れてもらおう

と必死になっていた自分がいたことに

気づかされた。

 

そっか、

批判されたって

認められなくたって

それは人それぞれの価値観。

 

全てに受け入れてもらおうと思うんじゃなくて

そういう人もいるんだって思えばいい。

 

嫌だったら見なければいい。

少し距離を置けばいい。

 

自分も相手も

心地よく過ごせるよう

日頃から心がけ

価値観について

考え方を見直したい

そう感じた。


f:id:bizucafe:20200227150110j:image

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

↓↓Youtube「黒豆くんの高原生活」もみてね♪