珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【移住】伊東市 地域おこし協力隊。ジビエのペットフード開発。定住したい街とは・・・。

移住したい!

というがある人。

 

それだけではなく

 

今の生活に物足りなさを感じる。

 

一度の人生、

違う生き方をしてみたい。

 

やってみたい夢がある。

 

そんな人に是非読んで欲しい。

何か感じて欲しい。

 

今回は伊東市地域おこし協力隊の活動を通して

感じたことをまとめた。

 

目次

 

地域おこし協力隊

人口減少や高齢化が進む地域において

地域外の人材を受け入れ、定住を図り

地域協力活動を行ってもらうことで

地域力の維持・強化を目指すことを目的とする

国の制度。

 

伊東市では、

2017年4月1日

初の地域おこし協力隊が着任した。

そして2020年3月末で任期を終えるという。

 

私も今回伊豆新聞の記事で初めて知った。

伊東市における地域おこし協力隊の活動について

新聞記事を参考にまとめた。

 

移住した私も

とても共感し、そして尊敬すべき活動に

敬意を称したい。

 

地域おこし協力隊

 

伊東市初代地域おこし協力隊

大吉慶一郎さん、日月さんご夫妻について。

 

2020年3月末で任期を終える。

彼らは初代隊員として

ジビエのペットフード」

事業化を目指し、商品開発、人脈作り、

販路確保などに取り組んだという。

 

経緯

ご夫婦はともにイタリアンの料理人で、

神奈川県でワイン酒場を経営していた。

そんな中、だんだんと

食材から自分たちで作れるようになりたいという

想いが芽生えたという。

 

そして、縁あって地域おこし協力隊の隊員に応募した。

 

活動

1年目はわな猟の免許を取り、

2年目はペットフードの販路確保

3年目はペットフードの商品化に成功

 

インターネットや、市内愛犬の駅でも

取り扱っている。

 

2人はイノシシやシカを農家から引き取り、丁寧に解体して

肉をミンチにしてから市外の工場へ送る。

加工し、レトルト殺菌されて戻ってきたものに

カツオ風味、植物発酵エキスなどを加えて袋詰めにする。

皮も捨てることなく、塩をまんべんなく塗って2か月間置き、

水分が抜けた状態で業者に送る。加工が施された皮を裁断し、

手縫いで腕時計や財布、バッグ、小物などに仕立てる。

                        伊豆新聞記事引用

ここまで丁寧にされているということに

とても驚いた。

なかなか真似のできない本格的な活動。

 

minneのサイトでも

レザー作品の販売がされている。

とても素敵な作品ばかり♡

minne.com

今後

ペットフードは伊東市ふるさと納税の返礼品の他

伊東土産として定着すること、

また、常温保存できるクッキーやソーセージ、スープなどの

開発もしていきたいそうだ。

 

3年を経て

お二人の声

「すごくいい経験になった。日々が単調で無く楽しいし、

 新たな技術も学べて充実していた。」

 

「イベントにも参加して交流を深めた。

 農家の人をはじめ、人のつながりができたのがうれしい。」

 

「このままビジネスとして続けていき、定住をしていきたい。」

 

と、伊東市にも好印象を抱いていたそうだ。

 

実際にそこで暮らし働くことで

外から見ているのとは違う

生の声。

とても参考になる。

 

募集

2020年度、地域おこし協力隊の募集も始まったという。

       (伊東市ホームページより。更新日2020年3月3日)

 

各種イベントを通したまちの活性化、

地域資源を活用したプロモーション活動等に

取り組む伊東市

令和元年度にリニューアルした観光情報サイトや

インスタグラム、フェイスブックSNSによる情報発信にも

力を入れている。

今後は有害鳥獣駆除だけではなく

ロケ誘致、支援を積極的に行い

ロケ実績による誘客促進施策、ロケツーリズムの推進にも

取り組んでいくという。

 

これらの施策を推進するために

今後地域おこし協力隊の活躍が期待される。

 

鹿肉サプリ

今回ご紹介したお二人が開発した

伊豆の鹿肉ペットフード。

 

「愛犬&愛猫の鹿肉健康サプリ」

 

おやつ感覚で食べれる

ジュレサプリメント

 

・尿路の健康をサポート!

・水分補給に!

・食欲低下の栄養補給に!

・健康を維持することにより

 免疫力や代謝を保つ!

 

主原料は鹿肉

低脂肪・高たんぱくの為

ダイエット中やシニアにもおすすめ!

ビタミン鉄分も豊富。

 

カツオ風味で、

おやつやご飯のトッピングにも

与えやすい健康補助食品

 

実食

 

初めての鹿肉。

うちの愛犬

チョコ、黒豆、マルコに試食してもらった。

 

初めは食べたことのない味に

少し恐る恐る・・・。

 

しかし最後には完食

とても栄養豊富で免疫力を保つのにも良いというので

特におばあちゃんのチョコには食べてもらいたい。

 

朝はいつものご飯に混ぜて与えてみた。

そしたら美味しそうに完食。

 

食が細くなったので

少しの量でも栄養補給ができて

体にも安心なものはありがたい。

 

黒豆の食いつきは相変わらず(笑)↓


#233 黒豆くん鹿肉フードを食べる【極小チワワ】

 

Amazonのこちらのサイトでも

ご購入可能↓


愛犬&愛猫の鹿肉健康サプリ30 (10包入り猫)

 

おわりに

私も移住者。

移住する前には色々な情報を集め

こういう活動がされていることは

なんとなく知っていた。

 

www.bizucafe.com

 

しかし今回この記事を読み

衝撃を受けた。

 

「日々が単調で無く楽しい」

 

この言葉は本当に素晴らしいことだと

こんな風に言える生活をしたいと

改めて感じた。

 

移住の目的は人それぞれで

こんな風に、まちの為に尽力を注げることは

本当に尊敬する。

 

私の場合、カフェをやる目的があり

高齢の母が中心の生活。

その為こういう活動に参加することは難しい。

 

これから移住を考えたい!

新しいことにチャレンジしたい!

今の生活を変えたい!

 

大きな事は出来なくても

何かしら変わることは今からでもできる。

 

思った時が動く時。

 

皆さんも今から動いてみませんか?

 

新しい自分と出会うために。

 


f:id:bizucafe:20200225092406j:image

今回の記事は

伊豆新聞2020年2月21日

伊豆総合版、伊豆の今

「初代伊東市地域おこし協力隊」

本社取材部 下田茂久記者監修

の記事を参照、一部引用。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓↓Youtube「黒豆くんの高原生活」もみてね♪