珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【移住】⑤不動産屋との運命の出逢い!?伊豆高原での人生の始まりとは・・・。

移住先は伊豆半島!その中で選んだのは・・・
伊豆高原!!

 

 

 前回の記事で、ハワイだの沖縄だの夢や憧れを語った。

しかしね~、それだけでは生きていけないしね・・・

 

www.bizucafe.com

 そこで候補にあがったのが伊豆半島

 

伊豆半島とは・・・

静岡県の東端部に位置する南に50キロ突き出した半島。

 

エリア分け分けは

東伊豆・・・熱海市伊東市、東伊豆市河津町

中伊豆・・・三島市函南町伊豆の国市

                           伊豆市(中伊豆・修善寺・天城湯ヶ  島)

西伊豆・・・沼津市伊豆市西伊豆町松崎町

南伊豆・・・下田市南伊豆町

 

f:id:bizucafe:20191214095817p:plain



 

 世界ジオパーク(地球や大地の営みを記録する地質遺産を保全し、教育やツーリズムに活用することで地域社会の活性化を図ろうとする国際的なプログラム)

にも認定された。

 

そんな伊豆半島を移住先に

 

静岡県の中でも温暖で過ごしやすい。

愛知県からでも行きやすいし、都心に出るのも近い。

東京からも近く、週末旅行の人気観光地

海に囲まれ、自然も豊か。

 

など、イメージしているものに近かった。

 

そこで、とりあえず一周してみることに。

 

交通の便など考えると

東名高速道路のインターから近いほうがいい。

そうなると三島函南熱海辺りがいいな・・・。

あまり南へ行くと愛知へ行き来するのも大変だし・・・。

そんなことを考えながら、いくつか土地をピックアップ。

 

やはり都会に行くほど高い。

広くまとまった土地となると

とても手が出ない。

 

そこで熱海、伊東市辺りで探してみると

買えそうな土地がいくつかあった。

たくさん情報があった不動産屋さんの

ホームページの資料を見て

実際に行ってみることに。

 

本来なら案内してもらおうと思ったが

私の休みと調べていた不動産屋の定休日が一緒だったのでその日は無理。

とりあえずドライブがてら

軽い気持ちで車を走らせた。

 

伊豆半島を回ってみる。

西側は思っていた以上に静か

港町といった感じ。

海の近くに旅館や民家が点在している。

 

とてもいい雰囲気だが私の条件とは合わない。

海の近くだし、民家も少ないし。

ここでお店をやるのは難しいかなと思った。

 

南へ行くとちょっと遠い。

どんどん田舎になっていくのでここも無理かな。

そう思ってちょっと気になっていた伊豆高原

車を走らせた。

 

だって高原って・・・

なんだかそれだけで自然の中って感じ。

期待膨らむ。

 

行ってみると、高原・・・??どこ・・??

ってなった(笑)

 

それらしきところは見つからない。

 

後に地元の人に聞いた話では
不動産屋さんがこの辺りを魅力的に伝えるために
伊豆高原
と呼ぶようになったとか・・・。
調べてみると確かに、
『別荘地や行楽地として
開発の拠点とする意図があった』
とある。
嘘か誠かは定かではないが
確かに私はまんまと惹かれた。

そしてここにきて感じたこと。

なんだか空気が違う。

居心地がいい。

多分肌に合ってるって

こういうことを言うのかなと・・・

懐かしい感じ。

 

観光地でスーパーなどもあり

生活には不便がなさそう。

 

昔、旅行で来たことはあったがあまり記憶はなかった。

ここは、海からは離れていて少し高台になっている。

緑はあるが山の中ではない。

条件としては悪くない。

 

www.bizucafe.com

 

この日はただどんな街並みか見てみようと思って回っていた。

慎重に行動する私たち母娘

 

しかしなぜかこの日は違った。

ふと目に入った不動産屋さん。

そこに寄ってみることに。

 

普段なら、なんだか怪しそうだよね。

入りにくいね。

なんて言ってスルーするのだが(笑)

 

ここから歯車が回りだした

伊豆高原への移住に向けての。


f:id:bizucafe:20191129072443j:image

不動産屋のドアをたたく

 

『すみません・・・土地を探してるんですけど』

 

 

この出逢い

これからの人生を大きく変えていくことになるとは・・・。

 

 

つづく。

 

 

 

最後までお読みいただきありがとうございました。