珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【移住】㉑住宅瑕疵担保責任保険って何?家を建てる、リフォーム、補償は大丈夫?

家を建てるぞ!

 

大金をはたくぞ!

 

大丈夫かな・・・。

 

何かあったらどうなるんだろう・・・。

 

生涯で一番大きな買い物となる人も多い

家を買うということ。

 

もし建ててすぐ欠陥があったら・・・

 

なんて不安はつきもの。

 

私も超心配性。

先の先まで考えて、夜も眠れない・・・。

 

今回、愛知県での暮らし、実家、全てを捨て

伊豆高原へ移住する決断をした。

 

 

www.bizucafe.com

 

後には引けない。

ここで生涯暮らすのだ!

だから、

その為に家を建てるのは命がけなのだ!

 

そこで安心材料の一つとなった

『住宅瑕疵担保責任保険』について

簡単に説明しよう。

 

 

・住宅瑕疵担保責任保険

じゅうたくかしたんぽせきにんほけん。 

新築住宅を供給する業者には、

加入が義務付けられているもの。

 *そもそも瑕疵って何?

 

本来備わっている機能や性能などが備わっていなかったり

欠陥があったりしていること。

 *どんな保険なの?

 

事業者が供給した住宅に瑕疵(欠陥)があった場合

補修のための費用を補填してもらえる保険。

 

2000年に「住宅の品質確保の促進等に関する法律」が施行され

事業者は住宅を引き渡してから10年間、

瑕疵担保責任を負わなければならなくなった。

 

しかし、欠陥があった時に、事業者に資力がなければ

責任を果たすことが出来ない。

その状況を解消するために2009年に瑕疵担保履行法が施行された。

 

事業者の手段は2択

国土交通大臣が指定した保険法人と保険契約を締結、住宅瑕疵担保責任保険に加入。

②事業者が供給した新築住宅に応じた額の保証金を10年間供託所へ預ける。

 

*瑕疵の範囲はどこまで?

 

①構造耐力上重要な部分

 

つまり住宅の骨格となる場所

・屋根瓦

・柱

・壁

・床

・土台、基礎

これらの部分に変形や傷が見られたりした場合。

 

②雨水の侵入を防止する部分

・外壁

・屋根

・開口部

・外壁の内部または屋内にある排水管

など。

防水性が不十分で雨漏りしやすい状態に置かれたとき。

 

また、

・欠陥個所などを調査する費用

・工事期間の仮住まいの住宅費用

・引っ越しに関する費用

なども支払われる。

 

*保険金の上限額は?

 

支払われる保険金の上限額は2000万円。

保険内容やオプションによっても変わる。

 

また、保険料は事業者が払うもので、買主が払うものではない。

しかし、販売価格や建設代金に含めているのが一般的なようだ。

 

これって・・・

何だか納得いかないけど( ˘•~•˘ )

 

私の場合も

見積もりに良く分からない項目があり

説明してもらったが大まか。

恐らくその辺りに入っているのだろうなと思う。

 

*事業者が倒産していたら?

 

保険会社に直接保険金の請求ができる。

住宅取得者に対する救済措置が設けられているので安心。

 

*提供する保険会社は?

 

どの保険会社でも提供できるわけではない。

国土交通大臣が指定した住宅専門の保険会社のみ。

 

2019年12月現在、以下の5法人が指定されている。

「株式会社あんしん保障」「住宅保証機構株式会社」「株式会社日本住宅保証検査機構」「株式会社ハウスジーメン」「ハウスプラス住宅保証株式会社」

事業者はこの中から自由に選択し、保険契約を締結する。

 

www.mlit.go.jp

 

 

*実際の加入状況は?

 

事業者は、

10年間新築住宅の瑕疵に対する補償を

無料で行わなければいけない義務がある。

 

しかし、住宅瑕疵保険に必ず加入しなければいけない訳ではない。

その為、新築住宅によって加入していない場合もある。

 

一般的には契約時に加入しているかどうか、

その内容について事業者から説明がされ、書面が渡される。

 

しかし、加入していない場合そのことを説明しないケースもある。

 

ここで知ってて良かった!

 

となる。

 

住宅瑕疵担保保険の存在を知っていれば

聞くことが出来る。

知らない場合、そのまま契約が結ばれ

もし事業者が倒産した場合など、

トラブルに巻き込まれることがある。

 

・やっぱり大切!リテラシー

 

リテラシー

つまり特定の分野の事象や情報を正しく理解・分析・整理し、

自分の言葉で表現したり、判断する能力。


f:id:bizucafe:20191224111526j:image

 

普段は関係のない分野でも、

自分が家を建てるとなったら関わってくること。

 

細かく知る必要はないが、

言葉だけでも知っておく。

大きな買い物、決断をするわけだから

最低限出来る努力はしておきたいよね。

 

ありがたいことに

今は、検索すれば欲しい情報は簡単に出てくる。

せっかくなのでそれを利用して

その時その時に応じたリテラシー

身につけていきたいなと思う。

・最後に

 

私の依頼した工務店

『ハウスプラスすまい保険』に加入している。

建物完成時に保険付保障証明書を渡された。

 

これでひとまず安心して生活することが出来る。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。