珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

出会いと別れの季節。色んな卒業の形。幼稚園の卒園式から、移住という愛知県からの卒業まで。

今週のお題「卒業」

 

「卒業」と聞いて

やはり一番最初に思いつくのは

卒園式。

 

中でも幼稚園教諭をしていた時

最後に送り出し、そして自分も退職した

その年のことは一番印象深い。

 

そしてもう一つ。

愛知県からの卒業。

 

自分にとって

「移住」

という選択は

人生の大きな節目。

そして新たな出発の時。

 

そういう意味でも

卒業した気分。

 

今回はその辺りを踏まえて

綴っていこう。

 

目次

 

卒業

出逢いと別れ。

人生にはいくつもそういう時が訪れる。

そんな節目節目を通して

沢山の学びや発見、成長を繰り返す。

 

幼稚園卒園式

幼稚園で年長さんを受け持つと

春には卒園を迎え送り出すことになる。

何度か経験したが、嬉しさと寂しさと共に

成長し巣立って行く子どもたちの

たくましい姿に胸が熱くなる。

 

そして一番印象に残っているのが

幼稚園在職最後の年。

年長児を受け持ち、

一緒に「卒業」という形になった。

 

子どもを送り出し

自分も送られる。

最後にもらった子どもたちからのメッセージは

本当に嬉しくて今でも宝物になっている。


f:id:bizucafe:20200308161742j:image

本当は移住する時にアルバムを含め

沢山のものを処分するつもりだった。

心機一転、思い出も置いていこうと。

 

しかしこれらの思い出は

やっぱり捨てきれず

一緒に伊豆高原へ持ってきた。


f:id:bizucafe:20200308161833j:image

移住

「移住」も私にとっては

「卒業」だった。

 

愛知県での生活からの卒業

愛知県のお店からの卒業

愛知県で育った自分からの卒業

色んな意味で卒業だった。

 

特に何かがあったわけではないが

自分の中で変わりたいという思いはあった。

 

今の生活に満足しているが

一度の人生、

これで終わっていいのか

そんな思いもあった。

 

全てを捨てて

愛知県での生活を終えるということは

生まれ育った家を捨て

築き上げた自分のお店を捨て

そしてすべての思い出も置いていこう

そんな決意があった。

 

捨てると言ってしまうと

なんだか投げやりだが

それくらいの気持ちだった。

 

家はすでに解体してもうない。

お店はまだ存在しているが

私がそこで働くことはもうない。

 

そして思い出は・・・。

 

もちろん心の中にたくさんある。

しかし形としてはほとんど処分してきた。

そして、

自分自身生まれ変わりたいと思った。

 

その為には

過去にとらわれず

新しい自分と出会いたい。

 

一度ここでリセットして

誰も知らない地で

再スタートしようと

心に決めたのだ。

 

自分の嫌いな所

ずっと同じ環境にいると

なかなか変わることができない。

 

昔から自分を知る人もたくさんいるし

急に変わったらおかしいしね。

 

自分のことを全く知らない地でなら

新しい自分に生まれ変わることも出来るんじゃないかなと

そんな期待を抱いた。

 

いい思い出も悪い思い出も

もちろんすべて大切な自分の人生。

 

きちんと受け止めつつ

新し自分に出会うために

生まれ育った地を「卒業」し

新しい地へと向かった。

 

振り返ることも大切だけど

その時間を進むことに使いたい。

そんな風に思う。

だから全てから卒業した。

 

変わること

人は簡単には変われない。

性格もここまで生きてきた習慣も

一度身に付いたものはなかなかね。

 

それでも

違う生き方をしたい。

自分は自分で良くて

生まれ変わっても自分でいたい。

それくらい気に入ってる。

 

前述したように

嫌いな所もあるけどね。

 

新たな人生を歩むために

これまでの生き方から卒業する。

 

移住は私にとっての

「卒業」

 

おわりに

「卒業」

沢山の節目を経験しながら

今の自分がいる。

 

これからもきっと

何かからの「卒業」

訪れるだろう。

 

出逢いと別れ

大切にしたい人生の瞬間。


f:id:bizucafe:20200309071128j:image

時々は振り返ってみるのも

悪くない。

 

お友だちや家族で交換して完成するプロフィール帳。

お別れの時にも

出会いの時にも

楽しく絆を深められる、小さな子でも楽しめるのがおすすめ!

最後までお読みいただきありがとうございました。