珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

まいにちトースト いつもの食パンが一味変わる。お家時間の楽しみ方。

お題「#おうち時間

 

もう何年か前になるが

本屋さんで1冊の本が目に留まり

その当時あまり本など読まなかった私が

珍しく購入した。

 

それが

「まいにちトースト」

という本。

 

今回はその本のご紹介と

それにまつわるエピソード。

 

目次

 

まいにちトースト


f:id:bizucafe:20200504104739j:image

平成16年12月5日 初刊

絵と文 たかはしみき

発行者 片岡 厳

発行所 株式会社技術評論社 

印刷/製本 図書印刷株式会社

 

内容

この本は

題名の通り

「トースト」

を紹介した内容になっている。

 

著者は、

 

「トースト、どうやって食べる?」

 

という、友人との会話の中で

トーストの食べ方はその人の好みや

イデア次第でいく通りものレシピが存在することに気付く。

 

「いかにトーストを美味しく食べるか」

 

日頃当たり前のように身近にあって

親しみやすい存在である

そんな愛すべきトーストに注目したのが

この本。

 

項目

モーニングトースト

ランチトースト

おやつトースト

ディナートースト

番外編 いろんな国のトースト

に分類され、分かりやすい構成になっている。

 

モーニングトースト

トーストと一番の仲良し

バターやマーガリン。

 

そんなバタートーストから始まり

ジャムやふりかけ、のり、卵アレンジや

チーズアレンジ。

 

身近なものでも、

多彩な食べ方ができることに気付く。

 

また、

ペットボトルで作れるかんたんバターや

電子レンジで作れるかんたんジャムの作り方

美味しいトーストの焼き方まで

トーストコラムとして紹介されている。

 

ランチトースト

マヨネーズにプラスする食材が11種類紹介されていて

納得のものから意外なものまで

 

どれも試してみたい!

 

と思わせてくれる。

 

それから、なぜか休日に食べたくなる

フレンチトースト。

 

固くなってしまったパンのアレンジや

普通のフレンチトーストの他に

オレンジジュースを使った爽やかなものから

塩コショウで味付けする甘くないフレンチトーストまで

 

ちょっと時間に余裕がある時のブランチの王様になりそう。

 

おやつトースト

フルーツ

これが意外と合わせるのが難しく

加工して砂糖を入れたジャムのようなものか

もともとの味が濃くてとっても甘い果物でないと

駄目なようだ。

 

果物そのものの優しい甘さは

食パンに負けてしまうのだそう。

 

おやつトーストの項目の中では

そんなパンと相性のいい果物のアレンジトーストが

いくつか紹介されている。

 

おかし

誰でも子どものころに

一度はやったことがあるような

お菓子をそのままのせたトースト。

 

中でも著者がおすすめなのは

アイスクリームプリンなど

水分たっぷりのカップもの。

 

あたたかくサクサクのトーストに

冷たくてジューシーなお菓子は

想像するだけで美味しいのが分かる。

 

その他に

電子レンジで出来る

簡単なカスタードクリームの作り方や

コンデンスミルクから作るキャラメルクリームなど

簡単だけど本格的な味が楽しめるレシピも掲載。

 

カスタードクリームは

鍋で作ると洗うのも結構大変。

 

私も電子レンジで作ってみたが

自宅で食べるくらいの少量なら

この作り方で十分美味しく出来る。

そんなレシピもとても参考になる。

 

ディナートースト

おつまみ

お酒のおつまみにもなっちゃうような

そんなレシピ。

お刺身からキムチまで・・・

まさかの組み合わせが意外に合う。

 

やさい

様々な野菜をそのままのっけたり

炒めてアレンジしたり。

 

おそうざい

カレーや肉じゃが

残ったら次の日はトーストにしよう!

と思わせてくれるレシピがとても参考になる。

 

いろんな国のトースト

文化が変われば、同じ物でもこんなに食べ方が変わるのかと

試してみたいような・・・少し怖いような

そんなトーストの数々。

とても興味をそそられる。

 

イラスト

 

そして何より、

私がこの本を購入した一番の理由と言ってもいいのが

イラスト

 

とにかく可愛い!!

(((o(♡´▽`♡)o)))

 

著者が、イラストレーターということもあり

全ページカラーで描かれたイラストは

とても温もりがありほっこりする。

 

そのイラストを見ているだけでも

楽しい、そして食べたくなる

ただのレシピ本とは違う

面白さがこの本の魅力でもある。

 

面白おかしく入れられた挿絵は

思わず笑っちゃう、そしてうんうんと納得しちゃう

そんな身近に感じられるとこともまたいい。

 

手書きの説明も、柔らかさが伝わり

大人も子どもも楽しめる

読みやすい絵本のような感じになっている。

二冊のまいにちトースト

この本を購入して、愛読していた頃

私の誕生日か近づき、

親友からプレゼントが届いた。

 

開けてみると

まさかの

「まいにちトースト」

の本。

 

さすがに持っているとは言えなかったが

逆に、私の好みをここまで分かってくれていたんだと

嬉しくなった。

 

自分が好きで購入したもの

それと同じ物をプレゼントしてくれた親友

絆が深まったことは間違いない。

 

\(* ¨̮*)/\(*¨̮ *)/

 

そんなこともあり

とても思い出深いこの本。

今でも愛読している。

 

おわりに

普段何気なく食べているトースト。

日頃はなかなか時間がなく

簡単に焼いて、ジャムを塗って・・・

なんて済ませてしまうことも多い。

 

 

STAY HOME

お家時間が増えた今

是非楽しみながら色んなアレンジに挑戦して欲しい。

 

きっとこの本に出会わなかったら

一生食べることがないであろう新たな味との遭遇

そして、そこから広がる新しい道への探求心


f:id:bizucafe:20200504104755j:image

1枚のトーストとの向き合い方

この機会に考えてみませんか?

 

私が持っているのは初刊ですが

現在はこちらの本になっています。

内容はほぼ同じで、+だいすきもちもちパンが加わって

更に読み応えのあるものになっています。

最後までお読みいただきありがとうございました。