珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【カフェ経営】自宅で珈琲を楽しむ。豆の保存方法。おすすめ手回し式コーヒーミル。

美味しいコーヒーを飲みたい。

最近は様々な所で

手軽にコーヒーを飲めるようになった。

 

コーヒー好きの私には

本当にありがたい。

 

今回は

お家でコーヒーを楽しむ為

簡単なポイントをご紹介。

 

自宅で楽しむコーヒー

 

せっかく自宅で

コーヒータイムを楽しむのなら

インスタントではなく

自分で豆を挽いてみるのも

おすすめ!

 

新鮮なコーヒー豆

味も格別。

その為のコーヒー豆の保存方法

重要となる。

 

保存方法

自宅でも新鮮な珈琲を飲みたい場合は

ホールビーン(豆のまま)で購入し、

コーヒーミルを購入し、

自分で挽くのが1番。

 

粉の状態だと

数時間で劣化してしまう。

ホールビーンなら

きちんと保管すれば

数週間は新鮮さを保てる。

 

購入時は

2、3週間で飲み切る量が最適。

 

大切なこと

密閉容器に入れ、乾燥した暗所で保存。

匂い移りを防ぐため

強い匂いのあるもののそばは避ける。

 

やってはいけないこと

冷蔵庫での保存はダメ。

長期間保存する場合は

冷凍庫で冷凍保存する。

その際は一回分づつ解凍し

1度解凍したものは再冷凍しない。

 

 

www.bizucafe.com

 

コーヒーミル

種類も様々で、どれにしようか悩んでしまう。

最近は高価な抽出器具にこだわる人も多い。

 

しかし、どれだけ高価な機械でも

豆の品質が悪ければ、

本来の風味を引き出すことはできない。

 

大切なことは、

新鮮なコーヒー豆を

質のいいコーヒーミルで挽くこと。

その為にも前述した保管方法が

重要になる。

 

 プロペラ式コーヒーミル

ボタンを押している間

刃が回り続ける仕組みのものが一般的。

毎回同じ粒の大きさを再現するのは難しい。

メリットとしては価格がお手頃。

 

バーグラインダー

プロペラ式からもう少しグレードをアップして

コニカル式またはフラット式の

バーグラインダーもおすすめ。

 

バーと呼ばれる刃で豆を粉砕する。

粒の大きさがより均一になり

味が安定する。

 

特に手回し式タイプ

比較的お手ごろな価格で

購入できる。

 

一度にたくさんの量を挽かない場合は

手回しタイプがおすすめ。

 

カリタコーヒーミルKH-9

 耐久性のよい硬質鋳鉄製臼歯を使用。

シンプルでコロンとしたデザイン

フォルムが何とも可愛い。

 

ポーレックスセラミックコーヒーミル 

 セラミックの刃を使用し

金属臭のないコーヒーそのものの風味を

楽しめる。

 

もち運びにも便利なコンパクトサイズ。

約3人分のコーヒー豆を挽くことができる。

 

ザッセンハウス

ミル ラパス MJ-0801

歴史を持つ コーヒーミルの最高峰

「ザッセンハウス」

ドイツ職人が一つ一つ作り上げる。

刃は耐久性の高い硬質特殊鋼。

高精度な設計により

均等に挽くことができる。

 

こだわりたい人におすすめの逸品。

 

 Betterlife ステンレス 手動 コーヒーミル

 木製 復古式 観覧車式 

これは個人的にデザインが印象的で

飾っておきたいなと思う。

 

選ぶポイント

・ある程度重みのあるものが挽きやすい。

 軽くて持ち運びやすく

 力を入れやすい安定感があるとベスト。

 

・ハンドルは長いほうが回しやすい。

 

・価格は

1500円から20000円ほどが主流。

 安くても十分コーヒー豆を挽くことはできる。

 

・スタイリッシュなものからアンティーク調まで様々。

 せっかくなのでデザインまで楽しめるよう好みで選びたい。

 

おわりに

今回はいくつかのコーヒーミルをご紹介した。

種類も多様にあり、選ぶのに悩む。

性能や特徴で選ぶのも良いが

一番はやはりインスピレーション。


f:id:bizucafe:20200208090634j:image

せっかく豆をゆっくり時間をかけて挽くのだから

自分の好みのデザイン

楽しんだほうが良い。

 

飾っておくだけでも

インテリアとしてとても魅力的だし

私も色々見ているうちに

コレクションしたくなった。

 

今の時代

コンビニでも手軽に美味しいコーヒーが飲める。

しかしたまにはお家でゆっくり

自分で入れたコーヒーを飲む。

 

そんな時間も悪くない。

 

これを機に

そんなコーヒーライフを始めてみては

いかかですか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

↓↓Youtube「黒豆くんの高原生活」もみてね♪