珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【移住】家の顔。玄関ドアを選ぶ。デザイン・利便性・色・選択肢も多い。

家づくりも終盤。

 

もう一つ大切なのは

家の顔ともいえる玄関。

 

来客者が必ず通るであろうポイント。

こだわる人も多いだろう。

 

私はと言うと・・・

全くこだわりがなく。

 

玄関?

無くてもいいんじゃないの?

 

というくらいだった。

 

そんな私の家の玄関ドア選びを

今回はお話しよう。

 

 

www.bizucafe.com

 

目次

 

玄関ドア

種類やメーカーもたくさんある。

その中から自分のイメージに合ったドアを見つけるのは

大変なこと。

使い勝手やデザイン性

何にポイントを置くかを決め

絞っていくといいだろう。

 

玄関ドアの種類

大きく分ければ

引き戸か開き戸か。

 

開き戸

開き戸の中でも片開き戸

これが一番多いタイプだろう。

アパートやマンションなどにも多く

狭小地などの狭い敷地に有効。

 

引き戸

開き戸は外に開くため、そのスペースがいるが

引き戸は横に引くドアなので

空間が有効活用できる。

 

また、車いすなども出入りしやすい。

 

デメリットとしては

気密性が低くなる。

 

私の場合

玄関はいらない。

と思っていたほど特に必要性を感じていなかった。

誰かを招くこともないだろうし

家族も少ない。

出入りするだけのものととらえれば

勝手口くらいで十分。

 

玄関に伸びる廊下や土間スペースが

勿体ないとまで思っていた。

 

しかし、やはり工務店

小さくても玄関を設置した図面を作成した。

 

結果それで良かった。

 

やはり小さくても玄関は必要だよね。

 

選んだドアは引き戸。

 

やはり将来車いすの出入りも想定して

利便性を重視。

 

元々住んでいた家は開き戸だった為

開けたドアが邪魔だったり

荷物を持っている時など

開けにくさを感じていた。

 

その為今回は引き戸にすると決めていた。

ただ、一つ母の要望として

少しでも明るいほうがいい

という点がポイントとなった。

 

初め設定されていた基本のドアは

小さな丸い窓が付いているだけだった。

 

しかし、防犯上あまり大きな窓が付いているものはない。

確かに割って入られてしまっては困る。

 

ということで出来るだけ大きくて

明かりが入りやすそうなドアを選択。

 

インターホン

初めインターホンが

ドアの左側につけられていた。

そこになんだか違和感を感じた。

 

というのも

私の家の玄関は右側のほうから歩いてきて

玄関の前に立つ。

そこは階段になっていて

インターホンのつけられた位置には

床がない。

となるとその前に立つことはない。

 

その為、お客様がみえても

カメラに映る姿は

ギリギリ淵が見えるか

まるで見えないかといった感じ。

 

そしてインターホンを一瞬探してしまう。

どう考えてもおかしな位置にある。


f:id:bizucafe:20200318073303j:image

赤い印の位置に付いていた。

 

暮らしてみて不具合があり

付け直してもらうことに。

穴の傷は残ってしまったが。


f:id:bizucafe:20200318073811j:image

おかげで良く映るようになった。

 右から歩いてきて

スムーズに見つけることもでき

近い勝手が良くなった。

 

シューズボックス

一つ使い勝手悪かったのが

下駄箱。

上から下まで収納になっているタイプ

たくさん入るのだが

今まで使っていたタイプは

下半分で上が飾り棚になっていた。

 

その為鍵を置いたり

お花を飾ったりすることができた。

 

今はそれがなく

少し不便。

その為小さな台を置くことに。

小物や鍵などを入れておくのに

便利になった。

 

家は三回建てないと・・・・。

 

「家は三回建てないと満足できない。」

と言われるが、確かにそうかもしれない。

 

1回目は何も分からず色々改善点が出る。

2回目はそれを踏まえて建てる為

よりよい家ができる。

それでもまだ後悔は出てくる。

 

そして三回目理想の家ができる。

これが終の棲家となる。

 

と言った感じだが

本当にそうだと感じることが多い。

 

改善した点はとても使いやすくなったし

理想に近い。しかしいざ住んでみて

見落としていた点が出てくる。

 

もっとああしておけば良かった。

それは尽きないのかもしれない。

そう考えると、引っ越したばかりだが

もう次の家はこんな風にしたいな・・・

なんて夢が広がる。

 

おわりに

玄関は家の顔。

確かに大切な場所。

勝手口でいいと言っていた母も

今となってはもう少し大きくても良かったと

言い出した。

 

シューズボックスも、

収納を重視していた私たち家族に向いているだろうと

選んでくれたのだろう。

決める時は、そこまで考えることもなく

こだわりもなかったので

最初に設定されているものでいいかなと

決めてしまった。

 

その頃は恐らくバタバタしていて

そこまで頭も回らなかった。

実際に使ってみて

気付く盲点だったのかもしれない。

 

家は3回建てないと・・・。

次こそは本当に理想的な家を建てれる

そんな気がする。


f:id:bizucafe:20200305181319j:image

が・・・。

そんな余裕はない。

ここが終の棲家かな。

いやいや、

まだまだは捨てない。

 

なんて考えるのは自由。

そんな妄想を抱きながら

その日が現実となるように

今は必死に働くのであった。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。