珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ言の葉ブログ。

3月3日ひな祭り。ひな人形はいつ出す?片づける?それにまつわる不思議な現象とお顔に傷があるお内裏様。

ひな祭りの季節になると思い出す。

 

ひな人形がもたらした(?)

不思議な現象。

 

今回はそんなお話を。

 

ひな人形

 

ひな人形と言えば

お内裏様とお雛様の結婚式。

 

結婚することが当たり前、

女性は結婚することで幸せになる

そう思われていた時代に

お雛様を早く出したり片づけたりすることで

早く嫁に行くことを連想したようだ。

 

そこからひな人形を片付けるのが遅れると

婚期が遅れるなんて言う迷信も。

 

いつ出す?

 

季節の節目である節分が終わり

立春を迎える2月第一週目。

その辺りに飾るのがいいとされている。

 

また、二十四節気(にじゅうしせっき)によると

2月18日、19日は雨水とされている。

この日を境に寒さも和らぎ春の訪れを感じられる。

その為ひな人形を飾る日として好まれる。

 

 

いつ片付ける?

 

啓蟄(けいちつ)」の日に

片づけると良いとされている。

 

若葉が芽吹き虫が出てき始める

この季節の節目

3月6日頃。

 

2020年は3月5日。

 

遅れてしまった場合は

お人形を後ろ向きにしておく。

そうすることで眠ったと解釈する地域もあるという。

 

私も大体そうなっていた(-_-;)

 

あまり迷信を気にせず

3月の中頃までに片づければ

いいようだ。

 

ひな人形の思い出

子どものころに買ってもらったひな人形。

そんなに立派なものではなかったが

出し入れは結構大変だった。

 

年々面倒になりながらも

やはりお嫁に行けなくなる

そんな言葉を気にして

ひな祭りをおこなっていたこと

今でも懐かしい。

 

不思議な現象

出すのが遅れる

押し入れから物音

聞こえる気がしたり、

 

片づけるのが遅くなる

お腹が痛くなったり

変な現象に見舞われていた。

 

きっと心の中に

出さなきゃ・・・

片づけなきゃ・・・

という後ろめたい気持ちがあり

そんな現象が起きていたのだろう。

 

お内裏様の顔

私のお雛飾りのお内裏様には

ほっぺに傷があった。

 

もちろん始めから付いていたわけではないと思う。

恐らく出し入れするときに

傷つけてしまったのだろう。

 

いつの日にか気付いて

それから毎年思った。

 

私の旦那様も

お顔に傷がある人なのかもしれないな

なんて。

 

それから出逢った男性の顔に傷があると

それも同じような位置に

なんだか運命を感じちゃったりして

もしかしてこの人は・・・(ㅅ´ ˘ `)♡

なんて思ったこともあった。

 

しかし実際は

運命ではなかった。

それか、まだこれからなのか・・・。

 

今でもやっぱり

一瞬そんなことを考えている。

 

幼い頃に心に残ったことは

意外と大人になっても

何かの度に思い出されるんだよね。

 

供養

今回引っ越しする際に

手放すことを決意して

神社に供養してもらった。

 

人形には魂が宿るといわれて居る為

粗末には扱えない。

長年そばで見守ってくれて感謝の気持ちも込めて

近くの神社に持参した。

 

供養するのが気が進まない場合は・・・

結婚し女の子が生まれたら

その子用のひな人形と一緒に飾ればよい。

 

また、実家で両親に飾った貰っても良い。

 

ただ、人に譲ったり中古で販売したりするのは

良くないとされている。

 

やはり子どもの守り神としての

意味合いが強いひな人形。

最後まできちんとした形で丁寧に扱いたい。

 

おわりに

一つ一つの行事には

色々な意味があり

継承していくことは

本当に大切だと思う。

 

大人になった今でも

両親がしてくれた節目節目の行事。

なんとなくでも心に残っているもの。

 

こうやって振り返った時に

思い出として残っている事

大切に育ててもらえたんだと

心から感謝の気持ちが溢れる。

 

その気持ちを

また次の世代に伝えていく

それが私たちの役目なんだなと

改めて感じた。


f:id:bizucafe:20200302113345j:image

最後までお読み頂きありがとうございました。

↓↓Youtube「黒豆くんの高原生活」もみてね♪