珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【観光】先払いチケット、ひとときパス販売。コロナで苦境の宿泊施設を支援!「咲弥」の取り組みをご紹介。

新型コロナウイルスの感染拡大で

休館や予約キャンセルが相次ぐ全国のホテル・旅館などの

宿泊施設を支援することを狙いとし、

伊東市吉田に静岡営業所を構える

「咲弥」の取り組みをご紹介。

 

目次

 

ひとときパス

 

宿泊施設のキャッシュフロー(資金の流れ)を改善し、

支援していくサービスで

購入後に宿泊日を決められる先払いチケットサービス

「ひとときパス」

の販売が開始された。

 

新型コロナウイルス感染症の影響により
各観光施設への旅行自粛要請が出ています。
新型コロナウイルス感染症の流行が落ち着いた際に使える
前売り制の宿泊チケットを特別割引にて販売しております。

                 ひとときパスホームページより

 

今回、伊豆新聞

令和2年4月27日日刊の

記事を参考にご紹介していこう。

 

仕組み

ひとときパスに参加したい施設は

メールで申し込みを行い

審査を通過後掲載される。

 

手数料や掲載料はなく

売上金は決済手数料3・6%のみを引いて

翌月末に振り込まれる。

 

利用者はオンライン決済でチケットを購入。

加盟施設に直接予約し、チケット利用を伝える。

利用開始は、7月1日以降。

 

加盟数

4月27日現在は10施設程度で、

そのうちの3施設が伊豆地区。

今夏までには全国で300施設

新型コロナウイルスが終息するまでには

700施設を目指しているという。

 

「咲弥」

この会社は、2019年12月に設立。

本社は東京にある。

経理や財務のバックオフィス、

サービス開発のサポートを

ソーシャルメディアの企画・開発などを行う

ガイアックスに委託している。

 

”新しい旅行のかたちで、最高のひとときを”

 

というのフレーズをもとに

観光施設とお客様の距離が近づくサービスを

提供されている。

 

咲弥のホームページはこちら↓

sakuya-corporation.com

 

私の暮らす伊東市に営業所を開いたのは

社長と伊東市の縁が深い為だという。

 

社長の言葉

「咲弥」の大戸吹貫社長

伊豆は昔ながらの日本の良さが残る場所であり、

疲弊していくのを見るのはつらい。

ひとときパスが普及することで

日本全体を応援していきたい。

と話す。

 

伊東市民として

とても嬉しいこと。

伊豆の良さを知っているからこその

取り組みなんだなと

改めて伊豆に移住して良かったと思う。

 

 

詳細

「ひとときパス」で検索すると

細かい利用の仕方や加盟店の情報を

見ることが出来る。

 

宿泊料金もかなりお得になっている施設もあるので

落ち着いたら旅行したいな・・・

気分を変えたいな・・・

なんて思っている方

1度覗いてみるといい情報が手に入るかも。

 

↓こちらからご覧いただけます

hitotoki-pass.com

 

おわりに

私の住む伊東市

観光業が盛んで、

飲食店・宿泊施設・お土産屋さんなどの数も多い。

 

今回コロナウイルスの影響で

街は静まり返り

シャッターを下ろしている様子を見ると

あり得ない日常に

とても違和感と寂しさを感じる。

 

私自身、自分のお店を休業している今

本当にこの先どうなっていくのか

見えない不安に心が折れそうになる。

 

しかしそんな中

こういう活動がされているということは

本当に暗闇の中に光が差したような気持になる。

 

下を向いていても何も始まらない。

 

少しでも何かできることをする。

そうすることで必ず糸口は見えてくる

そんな気がする。

 

私も旅行が大好きで

旅行会社や宿泊施設を多く利用してきた。

そしてたくさんの喜びを、

満足感を感じさせてもらった。

 

今、本当に大変な状況に追い込まれている

この旅行業界にも、日ごろの感謝の気持ちを込めて

こういう取り組みに目を向けることが

恩返しになるのかなと思う。


f:id:bizucafe:20200427184113j:image

少しでもこの輪が広がりますように・・・

 

そして

 

一日も早く穏やかな日常に戻りますように・・・

 

願いを込めて。

 

今回の記事は

伊豆新聞令和2年4月27日日刊参照。

最後までお読みいただきありがとうございました。