珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【カフェ経営】⑳超朝活&ストイックなカフェオーナーの一日

仕込み前にトレーニング!?

ストイックなカフェの一日とは。

初めに

これはあくまで私の生活リズムであって

普通のカフェとは少し違うことを踏まえて

お読みください(*´罒`*)笑

 

2008年2月

無事にオープンを迎えた私のお店。

 

もちろん初めはリズムができるまで試行錯誤。

お客様の来店状況に合わせて仕込み量も変わってくる。

その為、一概には言えない。

あくまで基本的なリズムとして・・・。

 

店の基本情報

営業時間8時から18時
モーニング8時から12時
アフタヌーン12時から18時
定休日火曜日

www.bizucafe.com 

私の自宅はお店から車で30分。

仕込みを始めるのは6時

だとしたら・・・5時半に出ればいいね(^^♪

 

ちょっと待った~!!

 

仕込みの前にやることがある。

そう、レーニング!!


f:id:bizucafe:20191125093846j:image

と言うと大げさだが、運動不足解消のため

筋トレやランニングを行っていた。

二時間ほど・・・つまり4時ころにはお店に来て

自分時間を楽しんでいたのだ。

 

あの頃はほんと元気だった(;^_^A

 

6時から仕込みに入る。

 

まずシフォンケーキを焼く。

オーブンに入れたら、次はモーニングの仕込み。

パンを切って、サンドイッチを作って・・・

ある程度の来客人数を予想して、

ロスのない程度用意しておく。

 

それから

・ホールの掃き掃除

・拭き掃除

・トイレ掃除

・本棚を整理

・新聞を取り込み

・明るくなったら外回りの掃除。

 ご近所さんの手前もある為、道のごみなども拾う。

・ポットや珈琲マシーンに水を入れる

スタンバイ完了。

 

大体そこまでで7時になる。

そこから朝ご飯を食べる。

トーストに珈琲。基本はこれ。

f:id:bizucafe:20191126044433p:plain

朝はゆっくりしたいので余裕をもって。

忙しいとそのまま夜まで何も口にできない日もあるしね。

 

7時半ころ空調を入れる。季節によっても異なるが、

適温になるのに大体30分くらい。

そして、開店15分前にポットのお湯、コーヒーカップを温め始める。

 

7時55分にはお店を開ける。

常連さんは早いから(^^♪

 

周りのお店を見てると

お店の準備に来るのは早くても開店30分前。

遅いところだと15分前でも来てないお店もある。

 

恐らくそういうお店は掃除などは閉店後に済ませて
オープンできる状態にしておくのだろう。
また、仕込みも営業しながらできる内容だと想定できる。
そのため空調はタイマー予約しておいて、
後はお湯を温める時間があればいいのだ。

 

うちの場合、

仕込みからモーニング、ドリンクに至るまで

厨房の中のことは私しかできない。

スタッフがいない時間帯はホールも一人でやる。

その為、ある程度準備をしておき、

自分が動ける状態であることが必要。

 

開店してから10時くらいまではゆっくりした感じ

そこからお昼までは壮絶。

この辺りは

モーニングがつくのが当たり前。

うちはランチをやらない代わりに

モーニングを12時までつけてお昼代わりにもなるようにした。

そのため、13時ごろまでは忙しい。

 

午後は比較的ゆったりとしていて合間を見て

簡単にお昼を済ませる。

 

アフタヌーンサービスには

手作りのお菓子を付ける。

ロールケーキだったりプリンだったり・・・。

モーニング程盛り付けにも時間がかからないので

手間もない。

 

その為、午後は基本的に次の日の仕込みや、

冷凍保存できるクッキーの種など

ある程度用意しておく。

そして、5時ころになったら洗濯や片付けなど

閉店準備を始める。

 

6時に閉店。

施錠して終わり。

すぐ帰宅。

 

お風呂に入ってご飯を食べて9時までには寝る。

そんな早寝早起きの生活。

 

元々昔からそうだったので

そんなに大変ではなかった。

 

一日中休憩なしに働いて

立ちっぱなし、夕方には疲労困憊

だったら

朝の運動やめれば?って話だが・・・

 

私にとっては大切な朝活。
必要な生活の一部だった。
そして逆に考えると、そのおかげで体力がついて
病気をすることもなく続けることができたのではないかと思う。

 

 

現在運動はしなくなったが

早寝早起きは継続中。

朝活は違うことをする時間になっている。

それはまたの機会に・・・。

 

ちょっと変わった

ストイックなカフェオーナーの1日。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。