珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【カフェ経営】⑱喫茶店激戦区。生き残りをかけた闘い!?愛知岐阜モーニング事情。

当たり前だがね~!珈琲1杯のお得感。

私が2018年までやっていたお店は

愛知県でも岐阜県に隣接する地域で

特に喫茶店の多い所だった。

 

その為、勝ち残る為にも競っていったのが

モーニングサービス

 

客目線で言っても

『あそこのモーニングいいから行こう。』

となる。


f:id:bizucafe:20191123070039j:image

特に昔から喫茶文化の中で生活してきた年配の人たちにとっては

どれだけサービスがつくか

それは一番の決め手になっていると言っても

過言ではない。

 

私を可愛がってくれてるエムジーコーヒーの会長

『本来はモーニングサービスなんて付けないで珈琲だけで勝負するべきだ』

という考えで、 もちろんそれができれば一番楽なのだが・・・

あの地域ではかなり難しいであろう。

 

現に、20年以上前から喫茶店を何件か手掛けているマスターの話では

 

『僕が始めたころは、何もつけなくても、珈琲1杯だけで

今の10倍くらいのお客さんが入った。もうその時代は終わった。今は茶店はもうかる商売じゃなくなった

僕も、少し前まではモーニングなんて付けていなかったが

さすがに何か付けないとお客さんは来てくれなくなった。

大変だよ今の喫茶店は。』

 

と。

 

大先輩のその言葉に

あ~、そんないい時代にやりたかったな・・・

と思ってはみても仕方のない話。

 

今の時代と地域にあったことをしていかないと

生き残れないなと痛感。

 

また

いろんなお店を訪れてみた。

 

定番と言えば

トーストにゆで卵、サラダ。

後はそこからどう個性を出していくか・・・


f:id:bizucafe:20191123070057j:image

あるお店は

トーストにゆで卵、ヤクルトにお菓子、

極めつけは茶わん蒸し。

またあるお店は

おかゆにうどん、みそ汁、サラダ、フルーツ。

 

変わり種だと、

お寿司や、カレーナン、山盛りのケーキだったり・・・。


f:id:bizucafe:20191123070112j:image

セレクトできるのは当たり前。

ジャムが選べたり、パンかご飯が選べたり。

 

もう珈琲のお供の域を超えている。

 

最近は金額をプラスして、内容が豪華になるパターンのお店も多い。

 

私が始めたころは、

とにかく無料でどれだけつくか勝負みたいなところがあったので

負けないようにと試行錯誤した。

 

しかし、本来の趣旨を見失いたくはなかった。

あくまで珈琲のお供。

 

これは私の考えなので一般論ではないが、

ジュースやみそ汁がつくのは何だか不思議な感覚になる。

 

たくさんのお店を見たり、調べたりし、

コストや手間を考えると・・・

やはり、パンと卵とサラダ、みたいな感じになる。

 

卵は絶対に使いたい。

逆に野菜はできれば使いたくない。

 

というのは、

生鮮食品は日持ちしないし、在庫管理が難しい

ロスを考えると、使いにくい。

そして、それ以上に別についてなくてもいいかな・・・

という思いがあった。

 

健康ブームだし、野菜はとったほうがいい。

特に女性には喜ばれるのは間違いない。

私自身少しでも野菜は食べたいな、とは思う。

 

しかし、私が行ったお店のモーニングの中で、

ここのサラダは新鮮でおいしい!!

と思ったところは残念ながらほとんどなかった。

 

彩りや品数のために申し訳なさげに添えられたサラダ。

乾燥気味でパサパサ・・・。

みたいな感じ。


f:id:bizucafe:20191122144433j:image

きっと自分がやってもそうなると思った。

手間暇やコストをかけて

こだわった素材を仕入れ、丁寧に出せるのならいいが

それができないなら付けないほうがましだと。

 

ということで、うちのメニューには当時から12年間野菜は使ってない

もちろん、

『野菜が欲しいわ』

『ここのモーニングパンばっかりで重たい』

そんな意見もあった。

 

それでも12年間たくさんのお客様に愛してもらえたということは

間違ってはなかったのかなと思う。

 

万人受けするということはとても難しい。

貴重なご意見は真摯に受け止め、いかにたくさんのお客様が

また来たいと思ってくれるか、考えながら改良を加えていった。

 

ただのトーストにゆで卵ではほかのお店との違いがない。

そこでうちのこだわりは、

・卵は調理したものを使う。

・パンの種類を多くする。

 

やはり、女性のお客様が大半を占めるのと、差別化を考え

盛り付けや器にもこだわった。

目で見ても楽しめ、女性でも食べやすいサイズで。

彩り綺麗に一口サイズ。インパクトを大切のした。

 

試行錯誤の上出来上がったモーニングがこちら↓

 

www.bizucafe.com

 パンの種類は定期的に変え、飽きないように配慮したが

基本的なスタイルは12年変わらず。

そして現在伊豆高原のお店でも採用している。

 

今は愛知から離れ、現状は分からないが

根強い喫茶文化はおじいちゃんおばあちゃんから

子供、孫へと引き継がれているのは間違いない。

 

時代の流れ、SNSの普及に伴い形を変えながら

進化の一途をたどっているモーニング。

これからも目が離せない。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。