珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

【移住】移住したい理由。きっかけから決断まで。地方移住、憧れのスローライフ。

2018年年末。

住み慣れた愛知県から

静岡県伊豆高原へ移住した。

 

ここまで少しずつ移住に関する話題を

お届けしてきたが

そもそもそこに至った訳を

改めてご紹介しよう。

 

移住したい。

今の環境を変えたい。

スローライフを実現したい。

暮らしてみたい場所がある。

 

ただ漠然と思っているだけでもいい。

少しでも興味がある方の参考になれば幸いです。

 

目次

 

移住

 

移住したい。

 

最近はそう考える人も多いようだ。

若者からシニアに至るまで

理由は様々。

 

特に地方移住が最近では話題になっている。

 

一昔前は、定年後老後をのんびり過ごしたい。

そんな風に考えて地方移住をする人が多かったが

最近では若年層の人気も高い。

 

自然の中でのびのびと子育てをしたい!

自給自足でのんびりスローライフを楽しみたい!

など。

 

理由は様々。

移住したい理由、したくない理由を

幾つかあげてみよう。

 

移住したい理由

スローライフを実現したい。

・生まれ育った故郷で暮らしたい。

・自然豊かないい環境の中で暮らしたい。

・暮らしてみたい場所がある。

・趣味を思い切り楽しみたい。

・いい環境の中で子育てをしたい。

・生活コストを削減したい。

・都会での生活に疲れた。

 

移住したくない理由

・今の環境を変えたくない。

・知り合いがいない所での生活は不安。

・利便性が良くない。

・仕事がない。

・給料が安くなり、生活水準が下がる。

・田舎の人間関係が難しそう。

 

 メリットはデメリット

 

こうして見てみると

メリットはデメリットでもある。

 

考え方の違い。

価値観の違いで移住に対してプラスと捉える人と

マイナス捉える人がいることが分かる。

 

今の生活を変えてスローライフを求める。

      ↓

生活環境への変化に不安。

 

 

自然豊かな場所で暮らしたい。

     ↓

交通の便、利便性が悪い。

 

 

生活コストを削減したい。

     ↓

生活費は減るが、給料水準も下がる。

 

など、結局はどちらを取るかだ。

一番大切にしたいことは何なのか。

それを実現するためには

今の場所でいいのか

それとも移住したほうがいいのか

ということになるだろう。

 

そしてここで

私自身の移住に対する思い、

決断に至った理由を

振り返ってみよう。

 

 

移住したい

 

2008年愛知県に

自分のお店であるカフェをオープンして

10年が過ぎた頃転機が訪れた!!

 

www.bizucafe.com

 

カフェの経営はとても順調。

毎日忙しく働いていた。

もちろん、死ぬまでそこで働くつもりで建てたお店。

20年後30年後まで頑張ろう!

と意気込んでいた。

 

しかし

そんな中、いろんな思いが湧いてきた。

 

家のこと

 

愛知で暮らしていた実家

築30年を超え、

そろそろ何かしらの修繕が必要になってくる。

 

その頃は母と二人で暮らしていた。

母もいつまで元気でいられるかわからない。

しかし、この家はバリアフリーではない

いずれはリフォームしなければいけないだろう。

 

では、この家にこの先もずっと住み続けるのか・・・?

ということを考えた。

 

私の仕事場

つまりカフェは家から車で30分

 

母も今は自分で来れるが、

いずれは車にも乗れなくなる。

また、急に倒れたり、

寝たきりなど介護が必要になった時、

すぐに駆け付けることは難しい。

 

できることなら自宅の近く、

理想を言えば店舗併用住宅のような形の店なら

一番安心できる。

 

お店をやりながら

家事、育児、介護

それが可能になる。

 

そうなると・・・

 

自宅を改装しても

駐車場を確保するほどのスペースはない。

今のお店に住居を作って住むのは・・・

あまり気が進まない。

 

だとしたら、

新しくどこかに店舗併用住宅を建てるのが

一番いいのでは。

 

そんな考えになった。

 

では、どこにするかが問題。

せっかくこのあたりでお店が成功して、

常連さんもたくさんいる。

だったらやはりあまり離れた場所じゃないほうが

お店をやるとしたら心強い。

 

だけど待てよ・・・。

 

昔からの夢

家をどこに建てるか

そんなことを考えていた時

ふと昔から夢見ていたことを

思い出した。

 

それは・・・

 

移住生活!!

 

元々旅行が好き

色々な地を訪れていた。

 

母と車中泊をしながら日本一周もした。

もちろん一度にではなく

何回かに分けてだが

九州・中国・四国・関東・東北・・・。

北海道・沖縄は飛行機で飛んだけどね。

 

その度に

こんなところで暮らしたいな・・・

なんてを膨らませていた。

 

理想は、緑の中でのんびりと

田舎暮らし。

海や山が臨めるような

自然あふれる場所。

 

愛知県の私の暮らしていた所は、

田園風景広がる田舎町

生活に不自由もないし、都会過ぎずまあまあ快適。

でも何か違うんだよね。

 

もっと緑に囲まれた中で

ゆったりと時間が過ぎる

そんな生活がしたかった。

 

山の中のカフェ

 

それから、カフェのこと。

 

愛知県の自分で建てたお店も

出来る限り理想に近づけ

とても気に入っていた。

 

しかし、お店が建っているのは

住宅街の中。

 

本当は

山の中のカフェに憧れがあった。

知る人ぞ知る隠れ家のような・・・

時間を楽しめるカフェ

 

今のお店はと言うと・・・

混雑し過ぎてざわざわ。

モーニングの時間帯は戦争。

席はぎゅうぎゅう詰めだし

ゆとりはない。

 

理想とするカフェとは程遠い。

 

お店を始めた時点では

自宅を引っ越すなんてことは

考えてもいなかったし

そんな山の中でお店をやるほどの自信もなかった。

 

そこで思った。

 

移住すればいい!

 

家をどうするか。

店をどうするか。

どっちも考えるのならば

何も今の場所にこだわる必要もない。

 

自宅ごと移動するなら
別にどこだって良いよね!!

県内にこだわる必要はないし
自分が住みたいところを

選べばいよね!!

今がかねてからひそかに思い描いていた
移住という夢を

実現するチャンスかもしれない!!

 

 

そんな思いに至った。

 

変わりたい

 

今のままここにいては

きっとずっと今のまま。

 

今の生活に不満があるわけではない。

住むにはとても便利がいい。

近くには大きなスーパーもたくさんある。

病院も充実している。

名古屋にも近いので都会も感じられる。

 

愛知県は関東方面へも関西方面へも

とても行きやすく

ちょうどいい場所だった。

 

しかし、同時に

なんだか物足りなさも感じていた。

 

このままぬるま湯に浸かっていていいのか。

ここにいれば恐らく安定した生活は送れる。

 

だけど・・・

違う自分で違う人生を歩んでみたい。

そんな思いもあった。

 

その為には

誰も知らない地で

初めての環境の中に身を置く。

 

そこには不安もあるし

生活の保障はない。

 

だけど

ときめきがある。

 

どんな人生が待っているのか。

憧れのカフェが作れるのか。

のんびりスローライフが実現できるのか。

 

そんなことを考え出したら

もういてもたってもいられなくなった。

 

その時点でもう

心は移住へ向けて動き出した。

ここでの生活を続けたいという気持ちは

ほとんどなくなっていた。

 

後はいつ動き出すかだ。

 

 いつにするか

 

とは言っても、

そんな右から左に動けるはずもなく

しばらくはここで働きながら5年をめどに考えていこう。

とその時は思っていた。

 

お店も一番いい状況だし

今辞めるのはもったいない。

お金も少しでもたくさんあるほうが

もし移住が失敗した時にも

困らない。

 

もう少しここで働きながら

ゆっくり移住先を探し、

進めていけばいい。

そう思っていた。

 

しかし、だとしたら

今はまだ愛知でカフェをやっているはず・・・。

 

が・・・

 

そんな私が既に伊豆高原へ移住し、

珈琲屋美豆を始めている。

 

www.bizucafe.com

 

移住したいな・・・から約二年。

 

移住が早まった理由

 そこにはいくつかの理由があり

それが上手く重なったタイミングが

その時だった。

 

母のこと。

既に70歳を過ぎ

持病もある。

今のところは元気だが

いつどうなるかも分からない。

 

高齢になってからの引っ越しは

肉体的にも精神的にも

大きな影響があると言われる。

 

少しでも元気なうちのほうが

新しい環境にも慣れることができる。

 

もし近い将来大病でもしたら

恐らく移住は断念することになるだろう。

 

それに母自身、移住してみたいという気持ちがあった。

私たち母娘はとても考えが似ていて

良く意見も合う。

その為移住に関しても、すぐに意気投合。

 

母の体のこと、体力を考えると

少しでも早いほうがいい。

 

家のこと。

当時住んでいた家。

築30年を超え

大きな台風などが来たら

どこか壊れてしまうかもしれない。

 

 

そうなると修理が必要になる。

近い将来手放すかもしれない家に

あまりお金をかけたくない。

だったらそのお金を

新しいお家のために使ったほうがいい。

 

また、近い将来東南海地震も起るかもしれないと

言われている。

私の住む地域は海抜0メートル以下

液状化で地盤も緩い。

木曽川も近いし、地盤沈下や河川の氾濫など

地震が来たら大きな被害が出るだろう。

 

最近の自然災害を目の当たりにすると

どこにいても安全は保障されない。

想定外のことが起こりうる世の中。

しかしそれでも

やはり少しでも安全そうな場所を求めたくなる。

 

自分の節目

20代で転職、開業してカフェを建てた。

30代のうちにもう一つ大きなことをしたかった。

 人生の節目って

後から振り返ってもあの時だなって思うことがある。

それがなんだと

何となく思った。

 

そんな思いがあり

もし可能ならば出来るだけ早く行動したい。

 

思い立ったら

心配性の私。

本来は優柔不断でなかなか決断できない性格。

それなのに、

こうと思ったらこうする!

思い立ったら動かずにはいられない。

そういう所がある。

 

だからこそ、幼稚園教諭を辞めて

突然カフェをやろう!

と思ったり

 

どうせやるなら建てちゃおう!

と思ったり

大きな事になると突然行動力が出る。

 

せっかちな所もあり

じっくりのんびりが苦手なのかもしれない。

 

それに

思った時が動く時。

そういう考えの元ここまで来た気がする。

 

チャンスがあるなら

無駄にしたくない。

今がその時なら動くしかない。

o(*>▽<*)o

結局、思っていても行動しなければ

結果はついては来ない。

 

もちろん、計画性も必要。

何の準備も資金も無く

夢を叶えたい、そんな思いだけでは

なかなか実現は難しい。

 

ある程度の自信と最低限の資金だけは

その時点であった。

だからこそ動けたというのもある。

 

未来がみえなかった

5年後・・・。

そんな先のこと

誰にも分からない。

明日のことだって分からないのに。

もし今しなかったら

出来ない状況が訪れるかもしれない。

 

ある意味

自分は自由だった。

 

家庭があり、子どもがいたら

自分の考えだけでは動けない。

やはり家族のタイミングが必要になる。

 

もし結婚して子どもがいて・・・

なんて状況だったら

移住なんて夢のまま終わらせていただろう。

 

もしくは

子どもが自立して

老後の生活を移住先で送る

なんてことはあったかもしれない。

 

そう考えると

自分を縛り付けるものは何もない。

だとしたら動かなくては勿体ない。

やりたくても出来ない人もいる。

だったらやれる状況にあるのなら

やるしかないでしょ!

 (`・ω・´)

 

そんな感じで自分を追い込んだ。

 

理由を作る。

 

行動するためには

理由がいる。

 

しかし理由はなくとも

動くことで理由は後からついてくることもある。

それに動き方は分からなくても

答えが見つからなくても

動き出せばそれらはおのずと

後からついてくるもの。

 

結果はやってみなければ分からない。

後は自分がどうしたいか

どちらが優先されることか

ということだろう。

 

ここでの生活に理由を見つけて

続けるのもいい。

新しい生活に理由を見つけて

続けるのもいい。

 

私には

移住したい理由が明らかに多かった。

 

おわりに

総合的に見て

私にとってたくさんの理由があった。

 

家庭環境も

仕事も

年齢的にも

障害がなかった。


f:id:bizucafe:20200321155658j:image

だからこそ決断出来たと言っても

いいだろう。

 

この決断が良かったのか悪かったのか

それを知るすべはもうない。

と言うか、両方の人生を歩むことはできないのだから

もう一方を選択した場合の答えは分からない。

だとしたらそこを問うのは愚問というものだ。

 

ただ言えることは。

 

移住して良かった。

 

伊豆高原で暮らすこと1年と数か月。

生活にもずいぶん慣れ、

この地の特色も分かってきた。

その上で移住したことに

後悔というものは全くない。

 

もちろん、

不満もある。

理想と違ったこともある。

その辺りのことは

これから生活の様子とともに

お伝えしていくつもりだ。

 

どちらにしろ

まだまだこれから先の未来へ

夢と希望は膨らんでいる。

 

移住したい!

今の環境を変えたい!

とにかく何か行動したい!

 

そんな人の背中をそっと押し

少しでも参考になれたら

幸いです。

 

最期までお読みいただきありがとうございました。