珈琲屋美豆 GalleryBizu

伊豆高原への移住・カフェ経営・伊豆の観光情報など、その時々の思いで言葉を紡ぐ雑記ブログ。

ぼっちてんと??孤独と孤立。おひとりさま。ぼっち○○。これから先の「孤独」と向き合う。

目次

 

おひとりさまの生き方

 これからの時代

社会問題にもなるであろう

おひとりさま。

 

その問題と楽しみ方について考えてみる。

「孤独」と「孤立」

 

 

「孤独」・・・頼りになる人や心の通じ合う人がなく、

         一人ぼっちでさびしいこと。

「孤立」・・・他者との関係性が乏しい。

         仲間がいなく、1つだけで存在する。

 

前者の「孤独」は、

さびしいと言った感情で、個人の内面の問題。

これは、政策的な対応をとるのは難しい。

 

後者の「孤立」は、

社会的孤立とも呼ばれ、人は一人では生きていけないので

社会的な対応が必要。

 

孤立を測る指標

日本福祉大学教授、みずほ情報総研主席研究員 藤森克彦氏によると

孤立を測る指標として

①会話頻度

②頼れる人の有無

③自分が手助けする相手の有無

④社会活動への参加の有無

があげられる。

 

2017年の国立社会保障・人口問題研究所の調査では

会話頻度が2週間に1回以下の割合が最も高いのは

65歳以上の単身男性では15%。

65歳未満の単身男性は8.4%。

つまり、現役世代でも単身男性は孤立しやすい傾向にある。

 

孤立しないために 

同じ単身高齢者でも、男性は女性より孤立に陥りやすい。

男性は、

現役期に地域との関係を築いてこなかったのが

一因だという。

 

現役期から仕事と生活の両立をし

地域社会と関係を持つことも重要となる。

 

未婚率

 

2040年には

65歳以上男性の未婚者の割合は

14.9%になると推計される。

 

未婚者は、配偶者だけでなく、子供もいないことが考えられる。

つまり「孤立」に陥るリスクが高まる。

 

これは私にとっても他人ごとではない( ̄▽ ̄*) ・・・ァハハ

 

今後の対策

自治体などが社会的孤立を含め

相談窓口を強化したり、地域づくりも求められる。

 

住民が地域で楽しんで交流できる場

働き続けられる社会の構築

孤立対策には様々な機関の連携が欠かせないようだ。

 

未婚者=「孤独」という訳ではない

 

 独身者が増えるからと言って

孤独が増えるわけではない。

 

今の時代、ネットを介していつでも誰とでも繋がることができる。

1人暮らしだからと言って社会的孤立というのは

少し違う気がする。

 

これからは、

心理的孤立にならないように

自分自身の生き方を考えていく時代が来ている。


f:id:bizucafe:20200108093251j:image

「孤独」が健康に及ぼす影響

 

米ブリガムヤング大学教授(心理学)の

ジュリアン・ホルトランスタッドらの研究による

孤独が研究に及ぼす影響の大きさを定量的に調べた研究がある。

 

それによると、孤独感を引き起こす

社会的つながりの少なさは、

喫煙、飲酒、運動不足、肥満より

大きい短命リスクだと指摘されている。

 

東京大学高齢社会総合研究機構・特任講師(老年学・公衆衛生学)の

村山洋史氏によると

孤独を感じると、そのストレスから

体内で炎症反応が起きて脳卒中など血管系の病気を発症したり

免疫機能が落ちて、肺炎など呼吸器の病気になったりする

リスクが高まるという。

 

孤独感が糖尿病、がん、認知症抑うつ発症、

自殺のリスクになるという研究もあるそうだ。

 

こんなにも病気との関連があるとは驚いた(⊙ロ⊙)

 

おひとりさまの楽しみ方

 

「孤独」「孤立」が問題視されている中でも

「ひとり○○」「ぼっち○○」を楽しむ動きも多くみられる。

 

ひとりカラオケ、ひとり焼肉、ソロキャンプ…などなど。

 

そんな中で見つけたのがこれ!

 

「自分専用基地」

 

その名も「ぼっちてんと」

 

東大阪市の企業「ビーズ」から販売されている

部屋の中で一人になる為のテント。

 

幅と奥行きが1.3メートル、高さが1.5メートル。

立つと天井に頭が付くほどの狭い空間

1人用の椅子と机が入ると丁度いいサイズ。

 

遮光性が高い生地でできていて、簡易の暗室としても使えるようだ。

 

どんな人が使うの?

 家に帰れば家族がいる。

時には一人になりたい時もある。

自室がなく、家にプライベート空間がない。

そんな人に愛用されているようだ。

用途は?

 

受験勉強や、パソコン、ゲームなどの趣味に。

デザインやイラストなどの仕事に。

暗室としても。

自宅に居場所のないお父さんの書斎としても。

 

内側からファスナーを閉めると、

一瞬で不思議な感覚に包まれるそう。

まるで別世界。

これなら、集中して、仕事や読書、趣味に活用できそうだ。

 

Twitterでも、

「こもるのには最適」「ほんとに集中できる」

といった感想が呟かれているようだ。

 

これは、完全な自室のない私にとっても魅力的。

ブログを始めてからはパソコンに向かう時間も増えた。

 

しかし、ワンコたちに邪魔をされたり

家族に用事を頼まれたり

なかなか集中できない。

 

夢中で好きなことができる憧れの空間。

いずれは自宅に取り入れたいと検討中。(*´罒`*)

これこれ↓

 

おわりに 

これからの時代、

「孤独」「孤立」は避けては通れない問題であろう。

誰の身にも起こりうること。

 

政策も前向きに進めて欲しいが

やはり何より大切なのは

自分自身の生き方だろう。

 

先を見据えて、早い段階から地域との関わり、

人との交わりを持つように心がけていくことが大切だ。

 

私も移住したことで

まだ友達もほとんどいない。

地域との関わりもない。

これから真剣に考えていかなければと思う。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バウヒュッテ ( Bauhutte ) ぼっちてんと BBT1-130-BK
価格:9399円(税込、送料別) (2020/1/10時点)

楽天で購入

 

↓↓Youtube「黒豆くんの高原生活」もみてね♪